駿東郡 カイロプラクティック整体HOME > 症状別ページ > 四十肩・五十肩はなぜ痛むのか?

症状別ページ

四十肩・五十肩はなぜ痛むのか?

※ 四十肩・五十肩はなぜ痛むの?

ローテーター・カフ.jpg

  一般的に「肩関節周囲炎」と言われています。肩関節周辺に
  炎症がでて痛むのが原因と言われており、四十肩・五十肩の
  痛みのケースがあるそうです。

1.上腕部の筋肉、特に上腕二頭筋の腕の筋肉の先端部分
  (腱)が炎症を起こすことで痛みが出ることです。

image17.jpg

2.外的衝撃の可能性の強い症状で痛みが出る場合もあり
  ます。それは上腕骨と肩甲骨の周りを囲む筋肉、腱などの
  組織が損傷(腱板が損傷)もしくは腱板が断裂することに
  より、非常に激しい痛みを伴う症状を起こします。

20120731212231072.jpg

3.上腕骨と肩甲骨の関節がスムーズに動かせるように、
  骨と腱板の間には「肩峰滑液包」(けんぽうかつえきほう)
  という機能を行う組織があります。肩峰滑液包が何らかの
  原因で、スムーズに動かなくなる、流れにくくなることで
  痛みを伴うことがあります。

katakaibou14.jpg

♪ なぜ、肩関節周囲炎が四十代・五十代(中高年層)に
  多く起きるのでしょうか?
  「朝、突然肩の痛みで急に目が覚め、腕を動かそうとしても
  痛みで思うように動かない」そんなことが突然起きるそうです。
  なぜ激痛が出てくるのかその要因ははっきりと解ってないの
  が現状のようです。主にいくつかの理由が考えられます。

①。「運動不足による筋力の低下」「肩関節の腱、筋肉の硬
  直化」「肉体的老化現象の発生」など色々なことが考えられ
  るようです。皆様はこのようなことを見たり聞いたりしたこ
  とがあるのではないでしょうか。まず年齢を重ねると共に
  生活習慣を見直して見てはいかがでしょうか。つまり
  四十代頃から、運動不足などを含めた老化現象と言えるの
  です。いや始まりなのです。これからの長い人生を送る
  ことに大事なことは健康診断、健康管理特に生活習慣の見直
  しに来ているのではないかと身体が異常を訴えているの
  かもしれません。

10173003124.jpg

②。また、四十肩・五十肩は左右どちらかが痛くなると片一
  方はならないと言われています。私のところへ来院する方々
  の中には両腕が上がらないという方々も多数います。四十肩
  ・五十肩になった片方の肩をかばいもう一方の肩に負担が来
  て炎症を起こすことも多数あるようです。冬場は特に注意が
  必要です。寒さにより筋肉が収縮し血行が悪くなり、今まで
  正常に動いていた筋肉、腱が突然急に縮んでしまい、それを
  無理に動かそうとして発症することもあります。四十肩・
  五十肩は一回かかれば終わるというものではないのです。
  何回も繰り返している方も数人来院しております。酷い方に
  なると20代・30代の方も苦しんで来院する方もいます。

f-csd1.jpg

本当に苦しい方は1度、カイロプラクティック整体 田中 へお越し下さい!!!今のつらい状況から脱出を私がお手伝いをいたします。

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

患者様の喜びの声

インターネット割引

主な症状の原因と施術法

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 四十肩・五十肩
  • その他(ぎっくり腰・ムチウチ)

カイロプラクティック整体 田中ブログ

受付時間
営業時間  9:30~21:00 
受付時間  8:30~20:00
定休日
年中無休 365日営業
所在地
〒411-0916 
静岡県駿東郡清水町中徳倉3-7
アクセス
JR東海道線 沼津駅 車15分 
JR御殿場線 大岡駅 車15分
バス停 八幡神社前 徒歩3分
バス停 中徳倉児童公園前 徒歩10秒
電話番号
055-928-6523
代表者
田中 良一

スタッフブログ

お知らせ