駿東郡 カイロプラクティック整体HOME > 症状別ページ > アイロン・棒体操は四十肩・五十肩に有効。

症状別ページ

アイロン・棒体操は四十肩・五十肩に有効。

★ 四十肩・五十肩に有効な体操
  前回も、述べましたが、四十肩・五十肩には一般的に
  3つの病期があります。四十肩・五十肩には急性期・慢性期
  回復期によって、肩を動かす時期が非常に大事にいなってき
  ます。要するに四十肩・五十肩のリハビリを行う時を、きち
  んと解っていないいなくてはなりません。何故か?間違った
  時期にリハビリを行うと余計に痛みや激痛が増幅する
  場合があるからです。

-gojukata.gif

1.急性期:四十肩・五十肩の痛み・激痛が出てきた時です。
  この時期には、なるべく四十肩・五十肩の痛む側の腕を
  動かさない事が大事になります。

20131216_730562.jpg

2.慢性期:四十肩・五十肩が改善に向かい始め動かせば
  痛みが走るが動かせないことはない、このような時に無理
  やりリハビリをすることはあまり好ましくありません。なぜ
  なら慢性期に動かし続けると、また痛みが増幅し急性期に
  逆戻りする危険性があり、突然激痛が起きることもある
  ようです。

EXP1374419841.gif

3.回復期には積極的に肩を動かすことが重要になってき
  ます。肩を動かしても痛みを伴わなければ、肩を本当に動か
  すことがおすすめです。そして肩の可動域をどんどんひろげ
  ていくことが大事になります。しかし痛みが出てきつい場合
  には肩と相談しながら可動域をふやしてください。
  回復期に肩を動かさないでいると、肩周りの筋肉、腱など
  いろいろな部分に影響を及ぼし肩の可動域が狭くなり、最悪
  の場合は肩周り全体が動かなくなることも考えられます。

hiji-2.jpg

4.回復期の運動としては、アイロン体操と棒体操などがあ
  りとても有効であると言われています。アイロン体操は自分
  の腰と同じくらいの高さのテーブル等、台になるものがあれ
  ばほとんどのものでも出来ます。痛みのない方の腕を台の上
  に乗せ、身体を上半身を90度に曲げます。あとは四十肩・
  五十肩で痛くなった方でアイロンを持ち腕はだらりと伸ばし
  、あとは無理をせず前後・左右に小さく振ります。慣れて
  きましたら振り子運動を無理せず大きくしていってください。

iron.gif

5.一日に最低1回、通常は1日に2回程度、1回・5分程度
  を目あすとして行うことが良いと言われています。
  アイロン体操は振り子の運動を利用し遠心力がかかり腕の可
  動域も必然と大きく動くようになっていきます。棒体操は
  自分の両腕を広げた長さより多少短めの棒を用意し、まず
  自分の頭の上で重量挙げのように持ち上げときます。左右・
  前後に腕を動かし痛くない程度に行います。この動作が慣れ
  てきましたら、棒を肩幅程度で握り棒を上下に上げ下ろし
  てください。次に棒の両はしを持ち痛い方の腕に向かって
  突き上げてください。そのご棒を背部で持ち上下させる。
  最後に上げた棒を頭の後ろに下ろす。この動作を1日・2回
  程度行い時間は無理せず自分のペースで行ってください。
  このような運動が肩の可動域を広げることに役立ちます。

10262b35ef71-300x215.gif

♪♪♪ なを絶対に無理は禁物です。是非、腕の可動域を広げるお手伝いも、カイロプラクティック整体 田中 へお越し下さいこれからの生活にとって非常に大事なことになります!!!

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

患者様の喜びの声

インターネット割引

主な症状の原因と施術法

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 四十肩・五十肩
  • その他(ぎっくり腰・ムチウチ)

カイロプラクティック整体 田中ブログ

受付時間
営業時間  9:30~21:00 
受付時間  8:30~20:00
定休日
年中無休 365日営業
所在地
〒411-0916 
静岡県駿東郡清水町中徳倉3-7
アクセス
JR東海道線 沼津駅 車15分 
JR御殿場線 大岡駅 車15分
バス停 八幡神社前 徒歩3分
バス停 中徳倉児童公園前 徒歩10秒
電話番号
055-928-6523
代表者
田中 良一

スタッフブログ

お知らせ