駿東郡 カイロプラクティック整体HOME > 症状別ページ > 顎の構造はどうなっているのか?

症状別ページ

顎の構造はどうなっているのか?

1.顎の関節いわゆる顎関節は左右に一つずつあり、
  側頭骨のくぼみに下顎で骨の突き出した部分がハマるよう
  にできています。物などを食べたり、喋ったり顎をよく動か
  すと、両耳の丁度前あたりが動く場所が顎関節です。側頭骨
  のくぼみは耳のすぐ前にある下顎窩と言われているヘコミとそ
  のすぐ前にある関節隆起と言われている突起物により形成され
  ています。そのくぼみに、下顎の骨の突起物がはまり込んで
  顎関節が形成されています。下顎頭と下顎窩の間には、関節
  円板と言う衝撃を吸収する役目をするクッション組織があり、
  上下の骨どうしが直接擦れ合わないようになっています。
  関節円板は膠原性繊維、コラーゲンでできています。形状は
  円盤状になっており、そのはしは下顎頭の内側と外側に連結
  されていますが、前後にはあまり頑丈にいは連結されていな
  いようです。

043ea1a217d2ffd1d0f43ffae7cc60c2.jpg

2.下顎頭と下顎窩のくぼみにの間に挟まれるように位置し
  顎が動くと下顎頭の外と内との連結部分を中心にして前や後
  ろに回転して下顎頭の先端と一緒に動き、口の開け閉め時の
  圧力を吸収しなめらかに動かすようにする働きをしているよ
  うです。この様な関節組織を関節包という繊維性の膜に覆わ
  れており、関節包の内側では滑膜から滑液が分泌されており
  、潤滑油の働きをするとともに関節円板や骨の表面の繊維性
  軟骨に栄養などを運んでいると言われています。関節包の外側
  には外側靭帯があり、上と下の骨を繋いで連結しています。

m10.jpg

3.主に顎を動かす筋肉
 ・閉口筋(咀嚼筋)
  主に食べ物などを噛むのに使用する必要な筋肉です。
  (内側翼突筋・外測翼突筋・側頭筋・咬筋) 
 ・開口筋
  口を開けるときに使用する筋肉で首の前(顎の下)に存在す
  る前頸筋(胸鎖乳突筋・舌骨上筋・舌骨下筋)で構成され
  ている。
 ・頸筋 
  食べ物が口の中に入ったらしっかりととらえ、食べ物を食い
  ちぎる筋肉である。前頸筋(胸鎖乳突筋・舌骨上筋・舌骨
  下筋)後頸筋(僧帽筋などである。)

3_4.jpg

顎関節の痛みでお困りの方は、是非、カイロプラクティック整体 田中 へお越し下さい!!!


▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

患者様の喜びの声

インターネット割引

主な症状の原因と施術法

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 四十肩・五十肩
  • その他(ぎっくり腰・ムチウチ)

カイロプラクティック整体 田中ブログ

受付時間
営業時間  9:30~21:00 
受付時間  8:30~20:00
定休日
年中無休 365日営業
所在地
〒411-0916 
静岡県駿東郡清水町中徳倉3-7
アクセス
JR東海道線 沼津駅 車15分 
JR御殿場線 大岡駅 車15分
バス停 八幡神社前 徒歩3分
バス停 中徳倉児童公園前 徒歩10秒
電話番号
055-928-6523
代表者
田中 良一

スタッフブログ

お知らせ